言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

戦争とは何か?映画を通して考えられるアマゾンプライムの映画10選

みなさん、映画は好きですか?

わたしは本当に映画が好きです。

入院中もアマゾンプライムでいくつか映画を見ました。

その中の映画が戦争モノが多かったので、

タイトルのようなまとめ記事を作ってみました!

 

 ①この世界の片隅に

最近、プライム入りした作品。

クラウドファンディングで製作されたことも有名な

名作中の名作です。すずさんに会いに行ってください。

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 

 当ブログ記事↓

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

②硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督作品です。

何度見てもいいですね。

いつも気づきがあり、

神は細部に宿るとはこのことかと思います。

 

③父親たちの星条旗

同じくクリント・イーストウッド監督作品。

「硫黄島からの手紙」と対になる作品です。

「硫黄島」は日本側からみた物語で、

「父親たち」はアメリカ側から見た物語です。

そういう作り方ができるクリント・イーストウッド監督は、

人間として器がでかいと思います。

 

 ④ロイヤル・ナイト

宮殿の中で育ったエリザベス女王が、

第2次世界大戦ヨーロッパ戦勝記念日に

宮殿を抜け出し、街に繰り出す話。

これは、街に繰り出したのは事実だそうですが、

ストーリーはフィクションです。

ありきたりですが、とても良いストーリーです。

 

⑤英国王のスピーチ

④のロイヤルナイトと合わせて鑑賞される事をオススメします。

エリザベス女王の父、ジョージ六世の物語。

吃音をもつ国王が、どうやってそれを克服していったのか?

というところが描かれます。

最後の方に第2次世界大戦に向けて、国民を勇気づける

スピーチがあります。

英国王のスピーチ (字幕版)

英国王のスピーチ (字幕版)

 

 

⑥帰ってきたヒトラー

ヒトラーが現代に帰ってきたらどうなるか?

という話。厳密には戦争の映画ではないかもしれないけれど、

観るものに戦争とはどうやって始まるのか?という事を

教えてくれる貴重な作品。

 

⑦アメリカンスナイパー

こちらも名匠クリント・イーストウッド監督作品。

イラク戦争で活躍した実在のスナイパーの話。

戦場の描写がものすごくリアルな映画。

戦争に行った兵士の苦しみが丁寧に描かれた作品です。

 

 ⑧野火

これはかなりのトラウマ映画…。

でも、わたしにとってはかけがえのない映画体験でした。

とてつもなく長く感じた84分

終映後、明るいロビーに出てきて、ほっとしたほどです。

野火

野火

 

 

⑨日本のいちばん長い日

というのは、とりもなおさず、8月15日のことです。

戦争を終わらせるためにお偉いさんがたが、

がんばったという話です。

本土決戦VS戦争終結、というような…

が、その間に若い命がまるで消耗品であるかのように

散っていった事を思うと、なんだかむなしくもなる映画です。

日本のいちばん長い日
 

 

 

⑩手紙は憶えている

半分、認知症になってしまっているおじいさんが、

友人に戦争時代の復讐を持ちかけられ、病院をぬけだし、

仇を探しながら、各地を転々とする話。

もう、そんなフラフラな状態で、銃を持っていることに

まずは恐怖を感じる映画でした。

ラストにどんでん返しがありますので、乞うご期待!

 

手紙は憶えている(字幕版)

手紙は憶えている(字幕版)

 

 当ブログ記事↓

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

いかがでしたでしょうか?

全部オススメとはいいませんが、

面白かったものを集めてみました。

この中の半分は劇場でみたものです。

実際とても面白かったので、

まだみていない方は、

ぜひみてみてくださいね。

 

では、また。

 

映画記事★こちらもどうぞ

www.wakaba-nihongo-writer.net

www.wakaba-nihongo-writer.net

www.wakaba-nihongo-writer.net

スポンサーリンク