言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

あなたは何を思うか?知覧特攻平和会館を24年ぶりに再訪

なかなか旅行記が終わりません。

それほど充実した旅行だったってことですね。

 

こんばんは

わかばです

 

鰻温泉を出発した後で

腹ごしらえのために、

指宿の道の駅に寄ってから

 知覧に向かいました。

 

そう24年前高校生の時に、

修学旅行で行った知覧特攻平和会館を

再び訪れるためでした。

 

修学旅行の時はホールに集められて、

故郷の英霊を紹介されました。

その後自由見学の時間だったのですが、

時間が短く、あまりゆっくり見られなかったので、

いつかまた来たいと思っていました。

その年は確か戦後50年の年でした。

なかなか来られず、今になってしまいました。

 

娘が生まれて、いつか一緒に行って、

娘にも見せたいと思っていました。

 

万世もそうだけど、

特攻平和記念館に近づくと、

道の両脇に灯籠が並び始めます。

それで、「特攻平和会館」に来たのだな

とわかります。

 

車を止めて記念館のなかへ。

万世は誰もいなかったけれど

こちらはたくさんの人でした。

 

f:id:wakaba78:20190303000639j:image

 

 ちょうど語り部さんのお話が始まるというので

ホールへ行きました。

一番前に座ってお話を聞きました。

娘も黙って聞いていました。

 

その後で、館内の遺書や遺品などを見て回りました。

それは涙なしには見られないものばかりでした。

 

感想を語ろうと思うけれども、

何を言っても、

嘘くさく綺麗事のように聞こえるような気がします。

 

だから、私はただ娘に、

こうしてブログを書いて、

誰かに伝えようと思います。

 

戦争の時代に国のため

無謀な作戦の犠牲となって亡くなった方がいたことを。

 

そして、たとえ負けるとわかっていても、

家族を守るため、自分が行かねばという気持ちを奮いたたせ、

沖縄の海に散った若者がいたことを。

 

f:id:wakaba78:20190303000757j:image

 

そして彼らのことを伝えようとした人がいたことを。

 

ぜひ行ってみてください。

 

www.chiran-tokkou.jp

 

関連記事☆こちらもどうぞ

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

www.wakaba-nihongo-writer.net

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク