言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

かつおと温泉を目指して!枕崎から指宿までの爽快ドライブ!

日に日に春めいてきて、

洗濯物が乾いてうれしい限りです

 

こんばんは

わかばです

 

続きを書きますね~

2日目の昼過ぎに枕崎につきました。

南さつまから30分弱でつきました。

 

枕崎のかつお料理のお店へ

とりあえず、昼食をということで、

宿で聴いた「一福」さんへ。

f:id:wakaba78:20190224082408j:image

枕崎の駅の目の前にあります。

tabelog.com

f:id:wakaba78:20190224082032j:image

かつおのたたき。いつも京都で食べてるかつおはうそもんか?

と思うほどの美味しさ。

f:id:wakaba78:20190224082000j:image

かつおの刺身。美味しくないわけがない。

f:id:wakaba78:20190224082243j:image

かつお定食。

かつおの内臓のしおからとか、かつおの肝の煮ものとか

めずらしいものがたくさん。

 

 

船人めし。

ご飯の上にかつおとかいろいろ乗ってて、

それにおだしをかけて食べる漁師めしです。

磯の香りとお出汁のハーモニーが最高でした。

まるっ!

 

ちなみにこちらが枕崎駅

f:id:wakaba78:20190224082338j:image

日本で一番南にある

始発・終着駅です。

が、なんと無人駅。

本数も一日数本です。

が、ここから指宿に向かう枕崎線は、

すごく車窓からの眺めがいいし、

観光列車もでています。

 

わたしたちはとりあえず海沿いの国道226号を走ります。

f:id:wakaba78:20190224091705j:image

行くてにそびえたつ開聞岳が美しいです。

 

釜蓋神社で願掛け!

途中で釜蓋神社に立ち寄りました。

f:id:wakaba78:20190224083114j:image

本当の名前を射楯兵主神社(いたてつわものぬしじんじゃ)

といいます。

f:id:wakaba78:20190224083133j:image

 

御祭神はスサノオノミコト。

武の神様で勝負にご利益があるとか。

釜の蓋を頭に載せて

鳥居から本殿まで歩くと、

願がかなうそうです。

ぜひやってみてください。

 

f:id:wakaba78:20190224083246j:image

 

f:id:wakaba78:20190224083442j:image

 

 

f:id:wakaba78:20190224083343j:image

 

砂風呂「砂湯里」で砂蒸し風呂を楽しむ!

 

この日の最終アクティビティ!

砂蒸し温泉には、

枕崎から約1時間で到着しました。

 

f:id:wakaba78:20190224083525j:image

 

断崖絶壁にもうもうと湯気がたちのぼるさまをみると

温泉にきたなーという思いもひとしお。

 

ここで、世の中は三連休であったことを思い出します。

そう、お客さんたちが並んでいたんですね。

わたしたちもならびましたが、ロビーは狭くてまてません。

 

そんなときいこのあたり独特の調理法「すめ」で

ふかした芋とゆでた卵をどうぞ。

どちらもひとつ50円です。

f:id:wakaba78:20190224083554j:image

 

f:id:wakaba78:20190224083621j:image

 

f:id:wakaba78:20190224083828j:image

 

 すなぶろは聞いていたより

汗もなく、

じんわりあたたかい程度でした。

f:id:wakaba78:20190224083854j:imagef:id:wakaba78:20190224083918j:imagef:id:wakaba78:20190224083934j:image

 

まあ自然が相手ですからね。

 

さて、最後に本日のお宿に向かいます。

読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事☆こちらもどうぞ

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

スポンサーリンク