言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

初LCC!関西から鹿児島へPeachに乗った感想とレビュー

月曜日が休みなだけで、

なんだか1週間が異常に早く感じる今日この頃。

年なんですかねえ。

 

こんばんは。

わかばです。

 

昨日予告したように、

今日から鹿児島旅行記です。

ゆるりと読んでいただければ幸いです。

では、はじめます

 

LCCの朝一の便で出発

今回の鹿児島旅行で利用したのは以下の便です。

 

往路 MM191 関西(KIX)07:00 → 鹿児島(KOJ)08:10

復路 MM200 鹿児島(KOJ)20:55 →関西(KIX)22:00

 

帰りなんて関空に22:00着で次の日、

わたしも夫も仕事で、娘たちは学校で、

結構な強行軍でした。

 

2月9日は3時半に起きて、4時に京都の自宅を出発。

高速道路で一路、関西空港へ。

娘たちは一瞬起きて、車に乗りまた夢の中へ。

 

車は3日間駐車場においておきます。

ITM-KIXカードがあれは駐車料金は25%OFFになるので、

もし関空に車をおくなら、

このカードを入手しておくことをおすすめします。

これは大阪の二つの空港で使えるカードです。

フライトポイントとかも貯まるし、

空港内の飲食店の割引もあるしオトクです。

www.kansai-airport.or.jp

 

さて、今回はPeach便ということで、初の第2ターミナルへ。

見慣れた第1ターミナルをスルーして、第2へ。

わりと近いのかな?と思いきや結構離れていますね。

バスとかもあるみたいですね。

 

チェックイン~搭乗

 

第2ターミナルはがらーんとしていて、

なるほどLCC専用ターミナルといった感じでした。

 

早速チェックイン。

 

保安検査場を経て、制限エリア内に入ります。

こちらもお土産屋さんと簡単な食べ物屋さんがあるのみ

f:id:wakaba78:20190216222116j:image

f:id:wakaba78:20190216222139j:image

f:id:wakaba78:20190216222222j:image

ソファーに座って、搭乗を待ちます。

 

f:id:wakaba78:20190216223225j:plain 

時間になりこちらの搭乗口から中へ。

飛行機がおいてあるところまで歩きます。

これが思っていたより長いです。

f:id:wakaba78:20190216222809j:plain

搭乗口から外に出ると、

おきどめの飛行機が!!

 

f:id:wakaba78:20190216222609j:image

 

タラップをあがって機内へ入ります。

普通に廊下をわたって搭乗するより、

こっちのほうが断然テンションがあがります!!

 

動画を撮っていたので、

朝の写真はありません。

帰りの夜の写真をおいておきます。

 

連休初日とあって、

機内は満席でした。

そして、定刻通りに、関西国際空港を離陸しました。

 

f:id:wakaba78:20190216230335j:image

 

PeachはLCCなので、食事のサービスはありません。

が、有料でいろんなものを注文することができます。

今回は以前から決めていた

出汁巻サンドのコンボにしてみました。

f:id:wakaba78:20190216222631j:image

 

出汁巻サンド

 

f:id:wakaba78:20190216222649j:image

コーヒー(ロゴがかわいい)

 

飲物はわたしはコーヒーにしましたが、

娘はコンソメスープを飲んでいました。

ひとくちもらいましたが、美味でした。

ANAのと同じかな?

 

飛行機の中ではひたすらこちらを読んでいました。

 国内旅行ガイドは断然るるぶ派なわたしです。

るるぶ鹿児島 指宿 霧島 桜島'19 (るるぶ情報版)

るるぶ鹿児島 指宿 霧島 桜島'19 (るるぶ情報版)

 

 

 

そんなこんなであっという間に鹿児島空港に到着

この日の鹿児島は小雨がちらついていました。

f:id:wakaba78:20190216222731j:image

人生3回目の鹿児島です。

一度目は修学旅行で、

二度目は新婚旅行で、

三度目は家族旅行です。

次来るときがあるかどうかわからないので、

しっかり楽しみましたので、

記録もしっかり書きたいと思います。

 

Peachに乗ってみようかな~という方の、

参考になればうれしいです。

 

では、また~

 

 北海道の旅行記もおいておきますので、

読んで下さるとうれしいです★

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

スポンサーリンク