言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

【書評】日本語教師も国語力を見直そう「大人のための国語ゼミ」

今日は成人の日ですね。

わたしも20年ほど前に、成人の日を迎えましたけど、

その前に両親をすごく悲しませることをしてしまい、

成人の日というとすぐさまそれを思い出します……

 

こんばんは。

わかばです。

 

さて、お正月から読んでいるこちらの本、

ようやく読み終わりましたのでレビューしますね。

 

日本語教師も国語力を見直そう

 

大人のための国語ゼミ

大人のための国語ゼミ

 

 

どんな本?

 

国語って小学校から高校まで授業で受けましたよね。

それで多分今は変わりつつあるんだと思うのだけど、

わたしの時代は論理的な話し方とか論理的な書き方とかは

全然やらなかったんです。

 

だからかどうかわからないけれど、

職場や家庭でコミュニケーションするときに、

うまく説明したり、相手を納得させたり、

相手の意見に冷静に反論できずに、

「わからんかったらもうええわ!」

みたいになるじゃないですか。

それってどうなんですか?

 

ちゃんと論理的に相手を感情的にじゃなく

言葉で納得してもらう方法ってあるんじゃないですか?

あったらそれを練習しませんか?

っていう本です。

 

どんなところがおもしろい?

 

練習問題がたくさんついているんですよね。

で、それが結構むずかしい……

というか、じっくり考えないとできないんです。

だから、解くのは大変でした。

 

だけど、間違ったことにより、

「なるほど、そうね」とか

「これは、これでよかったんやな~」という

発見があってよかったです。

 

特にわたしにとって勉強になったのは

最後の章の「反論する」です。

家庭でも職場でも「反論する」ときはなぜか

感情的になってしまい、言い負かされてしまう。

冷静になって思い出せば、

「ああ、言えばよかった」と後悔することしきり。

 

でも、反論の方法さえわかっていれば、

たとえ怒りの感情が湧いてきたとしても、

深呼吸してそれをおさえこみ、

冷静な反論ができると思ったことです。

 

授業に使えそうなところはありますか?

 

もちろんあります!

事実なのか考えなのかの章や接続詞の章は

確実に外国語としての日本語でも

知っておいたほうがいいでしょうね。

それから、「質問する」の章も

大いに授業の参考となること間違いなしです。

こちらの「たったひとつを変えるだけ」も

紹介されていましたよ。

 

たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」

たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

まとめ

 

自分の日本語力を試すと言う意味でも、

授業の参考にすると言う意味でも、

読んでおいて損はない一冊です。

 

また解説の間にはいる説明というか、

フレーズというかが刺さる刺さる、

そうだなーとラインをひきひき、読みました。

もちろんグッと刺さった部分に関しては、

ツイッタ―の読書めもとしても

つぶやきましたので、ここにおいておきますね。

 

では、また~

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

スポンサーリンク