言葉だけじゃたりない?!

日本語教師わかばの綴る日常のあれこれ。映画や本について書くことが多いです。たまに旅行記やアウトドアも。

第7回あきらめ会終了!セロ弾きのゴーシュは笑えるファンタジーでした!

11月30日に第7回あきらめ会を行いました。

始まるまで、Twitterライブをしようと思っていたのですが、

そういえば会場にWiFiない!

という重大な事実に気がつきました。

それでライブ配信は断念……

すみませんでした……

 

こんばんは。

わかばです。

 

 そんなわけで今回のあきらめ会は、

いつものメンバーが集ってくださいました。

 

それで前回に引き続き宮澤賢治を読んでいます。

3つの短編を読みました。

 

セロ弾きのゴーシュ

これはみんなで笑いました。

ゴーシュはオーケストラの団員なのだけれど、

楽長に叱られてばかり。

 

家でも一生懸命練習するのですが、

なかなかうまくいきません。

 

そんな時、動物たちが次々と、

ゴーシュを訪ねてくるのです。

 

その動物たちはゴーシュの音楽によって

救われていた動物たち。

誰かを救うことによって

ゴーシュもまた救われていくのだ

というのが、この物語のすじ。

 

だけど、ゴーシュの畑から盗んだトマトを

「おみやです」って持ってくるネコとか、

紙をテープで貼る狸とかかわいすぎです。

 

ゴーシュは最後に怒りが、

相手によるものではなく、

自分によるものであることに

気づくことが素晴らしいと思いました。

 

あとはよだかの星と、

(よだかの星はすごくかなしいものがたりでした……)

ひのきとひなぎくを読みました。

(集中力切れで何を言っているのか??だったので再読します)

 

また来月も宮澤賢治です。

よろしく~。

 

 

スポンサーリンク