日本語教師わかばのことばが好きになるブログ

日本語教師わかばのことばにまつわるあれこれ。ライターもやってます。旅行と映画と本が好き。

#日本語教師チャットで外国人労働者について考えた!

イヤー、三連休が終わってしまいましたね。

私は器用貧乏なので、

土日にも仕事を入れてしまいがちなんですが、

この三連休は仕事はひとつもせずゆっくり過ごしていました。

24日には大阪にも行けたしよかった。

 

おはようございます。

わかばです。

 

さて、その24日にいつも参加している

Twitterでの日本語教師チャットが行われました。

これは@Midogonpapaさん主催の日本語教師の

Twitterを使った意見交換会です。

月に1回行われています。

かれこれ何回目なんだろう?

 

今回のテーマはこちらでした。

 

それで、わたしの答えが以下

 

Q1自己紹介

 

Q2 そもそも、日本は外国人労働者を受け入れなくてもやっていけると思いますか。

 

 

Q3 移民時代を前に新たな資格制度についての議論がはじまりましたが、どのような制度が望ましいと考えますか。

 

 

Q4 公的資金が投入されるとすると何に使われるべきでしょうか。教師養成、教師の給与、教育バウチャー、その他、何が一番重要でしょうか。

 

 

Q5 理想的な外国人労働者受け入れの状況とは、どのような状態でしょうか。

 

 

Q6 わたしたち日本語教師はその理想の実現のために何をすべきでしょうか。

 

 

以上です。

 

このあとに実はいろいろ考えたこともあって……

 特にQ6のところです。

 

みんな外国人と日本人をつなぐとか、

外国人が日本語サポートを受けられるように発信するとか、

本当に優しいし、強いし、

あったかくて、知識もある先生たち。

わたしもそうでありたいと思います。

 

日本語を教えているわたしたちは

日本語を学ぶ人の一番の味方でありたいと思っています。

そう思うがゆえに、

 

外国人=マイノリティ=弱者=善

(搾取されている可哀想!!)

 

日本人=マジョリティ=強者=悪

(搾取している!!許せない)

 

という二元論で考えてしまう恐れもあります。

 

元首相じゃないけれど、

どこかで、日本人もいろいろ、

外国人もいろいろ、会社もいろいろです

ってことと

人間はいつも優しく強くいられるわけではないってことを

胸に留め置きたいと思いました。

 

では、また~

 

関連記事☆こちらもどうぞ

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

www.wakaba-nihongo-writer.net

 

 

 

スポンサーリンク